2024年4月29日「出張封印 工具まとめ」に『クリップリムーバー』ほか2点を追加・更新しました

自動車OSSのメリットとデメリット―実際に使用してみた印象は?

自動車OSS―メリット・デメリット

苦労して設定した自動車OSSですが、行政書士として登録依頼を受け、使用する機会が何度かありました。

感想は「OSSにはメリットもあるがデメリットも多い」というもの。
今後改善されていく点もあると思いますが、現状をまとめておきたいと思います。

自動車OSSのメリット

行政書士として自動車登録の依頼を受けた場合、以下のメリットを感じました。

紙ベース登録と比べ、所要日数が短い

多くの場合、従来の紙ベースの登録と比べて登録が早く済むことが分かりました。
これは、車庫証明の処理が紙申請と比べて早く行われていることによります。

各警察署の対応により異なりますが、私が経験したいくつかの署では、申請の翌日に調査し、即OSSに反映。
次のステップに移行していました。

紙ベースで進めた場合、静岡県の車庫証明はどんなに早くても中2日。
OSSの方が1日以上早く登録できることになります。

少しでも早く登録を済ませたいお客様には喜ばれるでしょう。

書類作成が不要

紙ベースの車庫証明・登録では作成書類が多くなります。
一方OSSでは、多くの書類が作成不要。
申請ソフトに入力するか、電子ファイルを作成すれば申請が可能です。

慣れてくれば、紙ベースよりも圧倒的に楽だと思います。

陸運局での待ち時間が短い

陸運局では、(静岡の場合)OSSによる登録は優先して処理されます。
申請時に書類を提出する際も、登録が終わって車検証を受け取る際も、順番を待つことなくすぐに終了。
陸運局が混んでいる時期は特に助かると思います。

自動車OSSのデメリット

自動車OSSには、紙ベースの登録にはないデメリットも多いことが分かりました。

利用できるパターンが限られる

OSSを利用するには条件があり、それを満たさない登録は紙ベースで行なうしかありません。
例えば中古新規登録は、電子保適とe自賠の利用が条件です。
現状ではこれらを満たさない登録依頼も多く、OSSが利用できません。

書面を併用する申請の場合、陸運局での書面提出がスタートになる

OSSでは、一部の書類(譲渡証明書、委任状など)を紙ベースで提出することも可能。
いわゆるハイブリッド方式です。

この場合、申請ソフトでの入力・送信を終えた後、陸運局で書類を提出する時点が全てのスタートとなります。
書類受付が済まない限り、車庫証明の審査が始まることもありません。

陸運局近くの事務所であれば対応しやすいですが、そうでなければ、紙ベースで警察署に車庫証明を提出する方が楽ということにもなりかねません。

電子納付の回数が多い

OSSでは、ステータスが進むごとに手数料や税金の電子納付が求められます。
納付をしない限り次のステップには進まないため、常に通知を確認し、パソコンを開いて電子納付をしなければなりません。

例えば移転登録をOSSで行なう場合、以下の電子納付が必要です。

  1. 車庫証明 審査手数料
  2. 車庫証明 保管場所標章手数料
  3. 登録手数料
  4. 自動車税環境性能割

新規登録となれば、これに重量税や自動車税種別割も加わります。

OSSを行なう場合は、常に電子納付ができる環境を作る必要があるでしょう。

紙ベースでは不要な情報が求められる

OSSでは、紙ベースの申請では不要ないくつかの情報が必要です。
たとえば、新旧所有者・使用者の氏名の読み仮名や電話番号。
これらを入力しないと申請できないので、確認しなければなりません。

また、税申告をする際の課税区分。
紙ベースでは(静岡県では)記入しなくても良いことになっていますが、OSSでは指定する必要があります。
また、区分が間違っていると補正指示が来て、修正するまで次に進みません。

税申告書の控えがもらえない

OSSでは、税申告や支払いは全てオンラインで完結し、申告書の控えをもらうことはできません。
紙ベースの場合は控えを納品しているので、これがないのはデメリットになります。

私の場合は、申請状況を一覧にしたページを印刷して納品することにしています。

保管場所標章の受取り

OSSの場合でも、保管場所標章の受取りだけは警察署に行く必要があります。
しかも静岡県の場合、登録自体はOSSの方が早いのですが、保管場所標章の交付日は紙ベースと同じ。
つまり、登録が済んだ翌日以降に保管場所標章が交付されることになります。

こうなると、登録が早く済むメリットは半減。
保管場所標章までまとめて納品するのであれば、紙ベースと変わりません。

現在では保管場所標章の郵送対応も始まったので、これを活用すればこのデメリットは解消できそうです。
(が、事前に申請リストや返送用レターパックを警察署に送るという手間が発生します)

システム障害のリスク

OSSはオンラインによる処理のため、システム障害のリスクが常にあります。
以前には、システムダウンにより全国的に車検証が発行されないというトラブルも。

これではかえって紙ベースで申請した方が良かったということになりかねません。
これはOSSに限らず、全てのオンライン手続きに共通するリスクです。

まとめ

こうして挙げてみると、何だかメリットよりもデメリットの方が多い気もします。

しかしOSSでの登録は紙ベースよりも楽なので、デメリットをうまく克服できれば積極的に活用していきたいと思えます。
時代の流れとしてはOSSが増えてくるはずなので、今後も経験を重ねていきたいと思います。

error: